PHPとは何か

「PHP」正式名称を[IPHP:HypertextPreprocessor]といいます。Webアプリケーションの開発をやってみようと思っている人なら、この名前は必ずどこかで耳にしたことがあることでしょう。PHPは新しいWeb開発の言語らしい、Javaなどよりずいぶんと簡単みたいだ、ということぐらいは聞いているかもしれません。では、このPHPというものは一体、どういうものなのでしょうか。

PHPは、HTMLの中に埋め込んで実行するタイプのスクリプト言語です。CGIなどを使って、Webサイト内(つまりサーバー側)で何かの処理をさせたいような場合には、サーバ側に何らかのプログラムを用意してそれを呼び出します。PHPもサーバでプログラムを動かすためのものですが、一般的なCGIのプログラムのように「サーバに専用のプログラムを用意し、サーバからそれらを呼び出して実行させる」というものとは少し扱いが追います。

PHPは、JavaScriptなどと同様に、HTMLの中に直接スクリプト(PHPのソースコード)を記述します。ただしJavaScriptなどと決定的に違うのは、そのスクリプトが実行されるのがWebブラウザにダウンロードされてからではなく、サーバの中である、という点です。PHP

PHPは、Webサーバに組み込まれる形で動きます(独立した形で動かすこともできますが、通常はこうします)0WebサーバがHTMLを読み込むと、その段階でPHPのスクリプトを実行し、その結果をクライアント(Webブラウザ)側へと送り出すのです。

PHPは、IHTMLにちょっと足すだけjというその手軽さから急速に広まりつつあります。これは小規模のサイトだけでなく、かなり大きな規模のところでもP旧を採用する事例が増えているのです。例えば、Yahoo!や楽天などでも、既にP田を採用しています。もちろん、IPHPで何でもできる」というわけではありませんが、多くのサイトはIPHPで十分」なシンプルな構造なのです。