サンプルコードの大まかな流れ

サンプルコードも、だんだんと長くなってきました。腰も引けてしまうかもしれませんが、同じようなチェックの繰り返しがほとんどで、しくみ自体は大したものではありません。コード全体のルールとして、以下の点だけを理解したうえで、個々のコードを見ていくことにしましょう。

ます、それぞれのチ工ツクで発生した工ラーメッセージを保存するための配列$errorsを用意します。空の配列は、array関数に引数を渡さないことで作成できます。あとは 、それぞれのifブロックで入力値を判定して、工ラーが検出された場合にはエラーメッセージを配列$errorsに追加します。配列の末尾に新しいデータを追加するには、空のブラケット([ ])で

$愛数名[ ] = 値 ;

のように表すのでしたね。

すべてのチ工ツクが終わったら、工ラーメッセージを表示します。エラーの有無は、配列$errorsの個数(count($errors))がOより大きいかどうかで判定しています。配列$errorsの内容は改行(<br/>)区切りで連結したうえで、die関数で表示します。die関数は指定された文字列を表示したあと、スクリフトを強制的に終了します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *