プログラミングを行う際の流れ

プログラムとは人間がコンピューターに伝えたい事を解釈してくれる手段なのだそうです。さて、では、プログラミングはどのような流れで行われるものなのでしょうか?プログラミングを行う際にまず大切になってくるのがアルゴリズムだそうです。意味は問題の解法だそうです。アルゴリズムとは人間が解決させたいと思っている問題に対して、その問題をどのようにして解決するかというものなのだそうです。問題と聞くと何やらとても難しいものを指すように感じてしまうかもしれませんが、実際にはそんなことは無いようです。例えば、ブログなどのプログラムを書くとしましょう。「ブログの投稿に記事が追加された時はデータベースに保存を行いたい。」という問題が出てきたとします。この問題を実際にどのような手順で、どのように処理を行い問題になっていたものを達成するのかがアルゴリズムにあたるのだそうです。アルゴリズムを考えてから実際にプログラミングを書いていくそうです。この時プログラミングはプログラミング言語に定義されているプログラミング言語の文法で書いていくのです。そうして記入されたプログラムのことをソースコードと呼ぶそうです。コンピューターにプログラミングで「このような手順(アルゴリズム)でこうして欲しい」とソースコードを入力し実行すれば、伝えた手順通りに動いてくれるはずです。このソースコードは英語に近い文で出来ているため人間でも読みやすいそうです。さて、このソースコードをコンピューターが0と1で対処出来るようにするためにも、コンピューターにとって理解しやすい形にソースコードを変換しなければなりません。これはプログラミング言語の種類にもよるそうなのですが、CやJavaといった言語では、ソースコードを解釈する「コンパイラ」と呼ばれている機能があるためコンピューターが理解出来る形式の「オブジェクトコード」に変換を行っているそうです。この変換を行うことをコンパイルと呼ぶそうです。また、CやJavaなどコンパイラによって変換する作業である紺ばいるが必要となってくる言語の事をコンパイラ言語と呼ぶそうです。これとは反対にインタプリタ言語と呼ばれているものがあり、それはPHP言語などのプログラムを実行する際にコンパイルが行われるものだそうです。PHP実行エンジンがPHPを直接解釈するコンパイラの役割を果たしているそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *