PHPでカレンダーを作ってみよう

日別のカレンダーを作ってみましょう。まず、数字ですが、1から365まで必要です。これを手作業でやるとなると大変です。PHPで「繰り返し」のぷるゴラムを使って作成すると簡単です。1から数字を書き出すという単調な作業は辛いものです。こういったものはプログラムを作れば一気に大量に処理することができます。「繰り返し」という制御構造です。PHPでは繰り返しの制御構造は、「while」と「for」という構文で作ります。whileを使ってブログラムを作成してみます。「$i=1; while($i <= 365){print($i.”/n”); $i++;}となります。「i」という変数名はプログラムでよく利用される文字の1つです。「index」の略称で、1から順番に数えるときなどに使ったりします。「$n」や「$x」というように、人によって好きなアルファベットを使うこともあります。$iは一般的に使われているようです。また、iを使っている最中に、さらに変数が必要という場合があります。そういったときは、「j」が使われます。これはただ単にiの次がjだからです。これで足りなければ、k、l、m、と続きます。2を表示するには、「$i=1; print($i); // 1が表示される。 $i=$i+1; print($i);//2が表示される」というプログラムで2が表示されます。これをコピーしていけば、1ずつ加算して画面に表示されます。これを何度もコピーするというのも効率が悪いので「何回繰り返す」という記述をしてプログラムを作ります。whileという繰り返しの構文は、「while(繰り返す条件){繰り返したい処理}という記述をする繰り返し構文です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *