PHPとその他の言語との比較

Webサイトの開発においては、既に「Java(ジャパ)]ゃ[.NET(ドットネット)」といったものが広く使われています。PHPは、これらと比べるとどうなのでしょう。これら主なサーバーサイド開発用の環境とPHPを比べてみましょう。

Javaの特徴
  • とにかく機能が豊富。基本的な機能に加え、サーバーサイドの機能などまで含め、標準であらゆることができる。そういう意昧で「とりあえ9″Javaを覚えればなんでもできる」という感じがある。
  • サーバーサイドだけでなく、普通のパソコン周の開発、携帯端末のプログラムなど幅広く使われているため、覚えれば潰しが効く。

 

.NETの特徴
  • マイクロソフトが開発した、ネットワークを介してアプリケーションを動かすための環境のことで、Javaと同様に特定の08にとうわれすあうゆる環境で動作する(予定。現時点ではWindows以外はほとんど整備されていなしない)。
  • NETに対応していれば、あらゆる言語が利用できる。現時点でC++、C#、VisualBasic などが出ており、自分が既に使っている言語をそのまま利用できるのが強み。
  • Javaと同様、サーバーサイドだけでなく普通のアプリケーションまで幅広く開発できる。またオフジ工クト指向をベースにした文法も非常にしっかりしている。

 

PHPの特徴
  • 単独でCGIとして機能するのはもちろん、Webサーバーに追加モジュールとして組み込むことで、Webサーバー内で動かすことができる。Webサーバー以外に別途サーバーを立てるなどの必要がない。
  • HTMLにスクリプトのタグを追加するだけなので、とにかく簡単。また言語仕様も非常にシンプル。
  • ざっと整理しての印象はいかがでしょうか。端的にいえば、PHPの最大の長所は「シンプルでわかりやすいことJです。そして最大の欠点も「シンプルでわかりやすいJことに由来します。PHPは、とにかくセットアップも実際に作成するのも実行するのも、Javaや.NETに比べると実にシンプルです。HTMLだけのWebページを構築するのと、基本的な手間はさほど変わりません。