XAMPPでPHP環境を整える

では、PHPを使ったWebサイト構築のための環境について説明しましょう。PHPを利用するためには、以下のようなソフトウェアが必要になります。

  • Webサーバー
  • PHP本体
  • SQLデータベースサーバー

SQLサーバーがなくてもP田の利用には影響ありませんが、多くの場合、データベースアクセスは必要になりますからセットで用意するのが基本と考えておきましょう。PHPによる開発を行うためには、これらを1つlつインストールしてセットアップしていく必要があります。PHPは簡単だ!といっても、やっぱり最初はそれなりに面倒なものですね。一が、実はこの「面倒な環境整備」を簡単に行えるようにするものがあります。それはiXAMPPJ(ザンプ)というパッケージです。

XAMPPは、Apache(Webサーバー)、PHP、MySQL(データベースサーバー)などをすべてワンパッケージにしてしまったものです。これをインストールするだけで、必要なソフトウェアが全部まとめて組み込まれるのです。非常に簡単にPHPのテスト環境を整えられるのですから、これを利用しない手はないでしょう。XAMPPは、以下のURLで配布されています。本書のCD-ROMに収録されているパージョンは1.7.2になります。

XAMPP 1.7.2は、以下のようなものがlつにまとめられたものです。

  • Apache HTTP Server 2.2.1 2 (Webサーバー)
  • PHP 5.3.0
  • MySQL 5.1.37(SQLデータベースサーバー)

これらの他にFTPサーバーやphpMyAdminなど多数のソフトウェアからなります。非常にすばらしいのは、「それらを詳しく理解していなくとも使える」という点です。インストールすれば、基本的な設定がすべて済んだ状態で組み込まれるため、面倒な設定などはほとんど不要です。